税理士無料相談| よくある質問

よくある質問

お客様からお問い合わせが多いご質問を「よくある質問」としてまとめました。

「よくある質問」内の文書でお客様の疑問が解決できなかった場合、お手数ですが「お問い合わせ」ページからお問い合わせください。速やかに回答いたします。

無料相談は回数・時間に制限がありますか?

無料相談は業務の依頼がない場合は1回限りということになります。時間は電話・面談いずれも常識の範囲で対応しています。

営業時間を教えてください

午前8時30分から午後5時30分(土・日・祝日・年末年始休業日を除く)までです。
ただし、相続業務は弾力的に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

ページのトップへ

相続対策をしなければと思っていたところ父が倒れました。いまからできる対策はありますか?

このようなご相談は少なくありません。実行できる対策には限度がありますが、今までに実行して成功した効果的な対策の事例がありますから、一度ご相談ください。

既に相続税の申告を依頼しているのですが不満があります。今からでも変更できますか?

このようなご相談は意外と多いです。税理士なら誰でも良いだろうと思って依頼したのだけれどどうも頼りない返事しか返ってこないとか、他の税理士に相談しながら進めているようだとか・・・。ひどい場合には実は税理士ではないようだ、と言った声を聞くこともあります。ぜひ当事務所にご相談ください。

納税のために土地を売却したいのですが買い手を紹介してくれますか?

不動産研究会・FP研究会のメンバーには不動産会社も数社おります。信頼のおける人をご紹介しますのでお気軽にご相談ください。

生前贈与について相談できますか?

もちろんです。生前贈与のない相続税対策はあり得ません。毎年の110万円の基礎控除を利用した生前贈与・相続時精算課税制度を活用した生前贈与など様々なバリエーションがあります。十分理解してから実行しましょう。

相続税対策としてアパートを計画していますが、本当に相続税対策として効果があるか相談できますか?


もちろんです。アパート建設はたしかに相続税対策として効果があり、よく行われている方法です。しかし、実際は建物の規模や敷地面積等により同じアパート建設でも計画段階のプランニング次第で相続税額に大きな差が付くことがあります。
実際に建設する前にお気軽にご相談ください。

すでに生命保険に加入していますが、相続が発生したら税制上どのような扱いになるのか気になります。生命保険の見直しの相談はできますか?



もちろんです。生命保険は相続の際には「納税資金対策」「税効果のある対策」「遺産分割対策」と様々な用途で有効です。
ただし、相続対策として効果があると思って加入していたら、実は相続対策になっていなかったという契約形態の事例もあります。
相続発生前にすでに加入している保険の契約内容を十分理解しておきましょう。

遺言書を書きたいのですが相談できますか?

もちろんです。遺言は完璧ではありませんが相続対策で最も重要なものです。遺産の分割方法によって相続税額が異なるケースも多々あります。十分理解して活用しましょう。

養子縁組について相談できますか?

もちろんです。費用のかからない相続対策の代表です。ただし、注意すべきことも多いので十分理解してから実行しましょう。

ページのトップへ

現在地:トップページよくある質問

相続税無料相談
予測+対策提案プラン